二級建築士は建築技術者の資格の一つで、設計や工事管理を行うための国家資格となっています。二級といえども、一級建築士に次ぐグレードを誇る資格で、やりがいも社会的信用も大きい資格ですよ。二級建築士の資格は、どんな建築物でも手掛けることができるというわけではなく、個人住宅や面積が500平方メートル以下の建物の建築設計や工事管理のみを扱うという建築物の制限があります。しかし、その分、二級建築士では日常生活で必要とされる建物を多く扱うことができるため、住宅のエキスパートと呼ばれることもあるようです。また、二級建築士は就職にも役立つ資格だと言われています。二級建築士の主な就職先には、建築設計事務所やハウスメーカー、工務店などがあり、建築や土木の分野で二級建築士の資格を生かして活躍する人も多いでしょう。他にも、二級建築士の就職先としては、住宅会社でのプランニングや設計開発、施工などの仕事に就いたり、不動産会社、官公庁の建築物審査にあたるなど、活躍できる場所は幅広くあります。それに、二級建築士の中には、独立開業する方も少なくありません。二級建築士でも実績を積むことで独立という道を開くことができます。二級建築士は、人の命や財産を守る建物を築くという使命のある仕事で、とても責任が大きいですが、その分、高い評価が受けられる資格だといえるでしょう。建築技術者であれば、ぜひ取得しておきたい資格でもあります。